生活の安全を守るために、保険に加入しよう。

保険を加入する前に 確認すべきポイント

自転車保険

自転車にも必要な自転車保険。

 自転車を運転中は自動車との事故に巻き込まれて被害者になるケースばかりではありません。自転車同士や歩行者などと接触などをしあ、相手に怪我を負わせてしまう場合や、最悪の場合は死亡事故になる場合もあります。 そして、被害者から多額の損害賠償請求をされるケースが多発しています。 実際に、小学生が自転車で歩行者に接触し怪我を負わせ、保護者に数千万円もの賠償を求められたこともあります。 この様な時、自動車事故ならほとんどの人が自動車保険に加入していて保険会社に支払ってもらっています。自転車にも、自転車保険というものがあり、本人が自転車に乗っていて怪我をした場合や、自転車を運転中に怪我ををわせてしまった場合の対人補償。それに、自転車を運転中に物を壊してしまった時の対物補償などがあります。

個人賠償特約という選択もあり。

 自転車保険が、広く浸透しないのには保険料の問題が大きいといわれています。 補償の内容や、自転車の使用頻度の割に保険料が高いのです。最近では、手ごろな保険料の自転車保険もありますが、補償内容に制限があったりします。  そこで、代わりになるのが自動車保険の特約にある個人賠償特約です。自転車事故で請求されるのは個人への賠償で、この特約が利用できるのです。また、多くの場合は補償金額は無制限で、契約者本人のみではなく家族全員補償の対象になります。  ほかにも、火災保険にも個人賠償特約がついている場合もあります。 自動車保険や、火災保険に加入していない人はあまりいないので、自転車保険に個別で加入するより、経済的にも負担は少なく大きな保証が得られます。