生活の安全を守るために、保険に加入しよう。

保険を加入する前に 確認すべきポイント

女性特有の保険とは

女性には専用の保険相談が必要

女性は男性とはかかる病気の種類が違います。さらに男性と女性ではそれぞれ家庭での役割が違うため、同等の保険に加入しているのでは掛け金などで損するケースもあります。 女性は女性のために考えられたタイプの保険に掛け直すことが、のちのち大変役に立つはずです。たとえば女性であれば婦人科の病気にかかる可能性が誰しもあります。そして更年期などでさまざまな体調不良に見舞われることも、いずれ遠からず誰の身にもおこるはずです。 さらに死亡した際も、必要になる金額は男性とも違います。男性が収入の主な部分を担っていたとしたら、死亡時にその分を補うだけの高額な保険を掛ける必要がありますが、女性側がパートや専業主婦だった場合は、それだけの高額の保険金をかけることは、掛け金が無駄にかさむだけであまり意味を持ちません。

生活や病気、死亡時において考えるべきこと

保険相談においては、まず自分にとって何が必要か考えることから始まります。ライフスタイルから考えて、自分が手術したり怪我をしたり最悪死亡した場合、どんなものがどの程度必要になるか改めて考えてみるべきです。 もし自分が病気にかかってしまったり、事故にあってしまったと仮定しましょう。あなたには子供がいる設定で、まだ小さなその子は世話を必要とすると仮定します。保険相談ではFPの方に相談すれば、そういった緊急時に金銭的にどの程度の負担が必要かもおおまかな金額を算出してもらうことができます。 そして保険相談では女性向けにどんな保険が必要かも紹介してもらえますから、どんな時にどの程度の保証内容が必要かも教えてもらえます。もちろん保険の相談だけであれば料金等は発生しませんから、時期を見て現在加入中の保険が適正かどうか一度確認してもらうのもいいでしょう。